文字サイズ
各講座の紹介

ホーム > 各講座の紹介 > 講座番号 1:有機農業と持続可能な社会づくり

講座番号3美杉アートづくり教室

流域圏名 雲出川 流域 上流
開催日時 2013年3月17日(日) 開催場所 美杉リゾートホテルアネックス(三重県津市美杉町)
講座のテーマ
(キーワード)
地域、自然、工作
講座開催主体 新雲出川物語推進委員会(協力:NPO法人もりずむ)
講師名 畑井育男さん、三浦妃巳郎さん

講座の内容

三重県津市美杉町八知地区で美杉アートづくりを楽しむ催しを開催しました(3月17日)。美杉アートづくりとは、美杉町の森林の間伐材や製材の端材を使って、色絵具でペインテングし、ビーズ、貝殻などを貼付して作品を作るものです。子どもたちが自然の木に触れ、自由にネームプレートや置物を作成しました。NPO法人「もりずむ」の三浦さんの指導のもと、子どもだけでなく、親子連れの大人も童心に戻って自然の素材を使った工作を楽しみました。また、会の冒頭には講師の畑井さんによるESDの解説や、「流域圏ESD講座」の趣旨説明などが行われ、ESDに対する理解を深める場にもなりました。

 

講座の成果

複雑な形をした自然の素材に触れることで、子どもたちの創造力が養われると同時に、自然の大切さを学ぶ機会となりました。また、工作の終了後は作品を集め、子どもから大人まで、制作者が作品の紹介を行う時間が設けられていました。思い思いの作品に対して、各自の工夫や作品の用途が発表され、親子で作品を見せ合う場面も見られました。素材の木や枝は美杉のものであるのはもちろんのこと、貝殻などに至るまで、雲出川流域で採取されたものであり、地域と流域を大切にした講座となりました。

ESD(持続可能な社会づくりへの学び)との関連

開催団体の「新雲出川物語推進委員会」は、津市を流れる雲出川流域で自然環境を保全するとともに、山川海をつなぐネットワークを構築して、市民、事業者等が一体となって環境保全や地域振興を図ろうと設立された団体です。また、協力団体のNPO法人もりずむは、都会での生活と森林の恵みをもっと身近なものにしようと立ち上げられた団体です。いずれの趣旨も、地域の持続可能性を多様な主体の連携や学びを通して高めることを目的としており、極めてESDの趣旨と合致するものです。


参加者が作った木の置物


講師の畑井育男さんによるお話


出来上がった作品を前に記念写真を撮る親子


講師の三浦妃巳郎さんと作品